変動リスクを少しでも回避

初めて外貨を持つ方にとって、為替の動きは非常に速く感じられ、予測するのは簡単ではないでしょう。
そうした変動リスクを少しでも回避するには、、、

為替は日々変動していますが、将来のある時点で外貨と円を交換する際の為替レートを前もって確定してしまう「為替予約」という方法があります。

つまり、契約によって商品代金の受取や支払の期日が既に決まっている場合、契約日の為替レートを事前に決定してしまえば、為替相場が大きく変動しても損失をこうむることはありません。

外貨預金の場合も、満期日における円の手取額を事前に確定する場合は、期日にドルを売って円に換える為替予約を締結する事が可能となります。

ただ、予約した相場(~先物相場といいます)とその時点の相場(~直物相場といいます)を比較し、直物相場が予約した相場よりも更に円安になっていたとすると、予約をしていない方が受け取る円換算額が多くなるケースもあるため、多少の危険はあるとしても「為替差益」によって儲けようと考えた場合は予約をしない方が良いケースもあります。